"beauty"
美しさというのは本当に日常のあちこちに散らばっている。
どこをどう感じるか、どこに美しさを見いだすのかという感性こそがいわゆる芸術と呼ばれるものなのだと思う。
だから、芸術は高尚なものでもなんでもない。
目を凝らして、耳を澄まして、自分を取り囲む毎日を感じて生きたい。
(2nd,March,2013)




"reborn everyday"
カルフォルニアのシャスタ山に滞在中、足をのばしてオレゴン州のアッシュランドという街へ訪れた。
カルフォルニアの北に位置するレッドウッド国立公園からの帰り道でその街に着いたのは夕方。といっても
まだ街は明るくて、お目当てのfood co-opで新鮮でめずらしい食材や、ドンクァイやエキナセアのティンクチャーなど
買い込んだあと、仲間と街をぶらぶらした。こうやって外国にくると目にうつる全てが新しく、
そして同時に何故かアメリカは私にとってとても懐かしい場所でもあると感じながら。
Icecream shopに入って、子どものようにアイスを食べながらAshlandの風景をゆっくりと味わっていた。
通りの向こうでストリートミュージシャンが音楽を演奏しはじめた。
一緒にいた友人たちもどんどんその音楽の流れるほうに足早に向かっていく。
そこに向かう途中通りを歩いていたある女の子に自転車にのって通りすぎようとした男性が声をかけた。
”Hey ○○!(その子の名前)Happy Birthday for Yesterday!  Sorry I am late..”
『昨日お誕生日だったね!おめでとう!ごめん遅れて!』
女の子>”Oh no no, It’s okay beause I am reborn everday! so,Today is also my birthday! Thanks! ”
『いいの。だって、私毎日生まれかわってるから今日もまたお誕生日!ありがとう!』
私は彼らの街角のささやかでHappyな会話をとても気にいった。
街全体が日が暮れて群青色に変わり始めていた。
この夏、忘れられない風景の1つ。
(27th,Nov,2013)


<NEXT PREVIOUS>